お金を用意する近道

お金を用意する方法といえば、「誰かから借りる」と答える方が多いです。
これでお金を工面できれば、銀行や貸金業者から借りる必要はないですが、知り合いから何度も借りるわけにもいきません。

そんなときに役立つのがローンなのです。
日本にはローンに罪悪感を持つ方が多いですが、これは利用者が少ないと思っているからです。
実際には、多目的ローン(カードローンなど)だけでも1,000〜1,300万人の利用者がいるのです。
ほとんどのローンは20歳からの利用になりますから、大人だけで考えると数人に1人は利用しているわけです。
多目的ローンだけでこれだけ多いのですから、その他のローンも含めると膨大な人数の方が利用していることが分かるでしょう。

お金を用意する一番の方法は、カードローンの利用です。
多目的ローンには、カードを使わない商品もあるのですが、カードがあったほうがライフスタイルに合わせやすいです。
収入が不安定な方だと、「先月はプラス3万円」だったけど、「今月はマイナス2万円だった」というように、収入にバラつきがあるでしょう。
収入が少ない月にローンを利用して、多い月に返済するようなライフスタイルを確立すれば、生活が安定するのです。

カードローンにマイナスのイメージを抱く方がおりますが、それは間違った使い方をしているからです。
返済できないほどたくさん借りてしまうから、支払日に困ることになるのです。

現在のカードローンは、年収の3分の1までの融資となっているので、昔と比べて借りすぎるリスクは小さくなっています。
とはいえども、最終的には自己管理なのです。
借りる前にシミュレーションを行っておけば、失敗することもないのです。

知り合いからお金を借りると、返すときに黙っているわけにはいきません。
お礼をするのが礼儀ですから、お菓子を持っていったり、食事をごちそうしたりするはずです。
たとえ1〜2万円くらい借りただけでも、黙っているのはよくありません。
カードローンならば、誰にも気を使うことなく借りられるので、カードを作っておいて損はありません。


Comments are closed.