金利を知る

消費者金融の金利は、昔と比べるとずいぶんと低くなりました。
初めて借りる方でも、20%を超えた金利が発生することはないのです。
グレーゾーン金利が認められていた時代は、29.2%という高金利が当たり前でした。
当時から、利息制限法の上限は20%だったのですが、出資法という別の法律では29.2%を超えない限りは合法となっていました。
2つの金利が異なっているのは、今考えると非常に違和感があります。

今の消費者金融が低金利なのは、利息制限法での貸し出し一本になったからです。
出資法での貸し出しは無効となったわけです。
22%などの金利で貸し出しをすれば、業者自体が処罰されてしまうわけです。

消費者金融の金利には、利用限度額に応じて3つの上限が設定されています。
10万円未満だと20%まで認められています。
現在は最高金利18%が主流となっているので、20%は違法に思えるかもしれませんが、10万円未満の借り入れなら大丈夫なのです。

20%の金利を設定しているのは、比較的規模の小さい業者となっています。
このような業者では、2万円や3万円というように、お小遣いくらいの金額を貸し出すことが多いです。
10万円未満の利用者は比較的多いわけです。

大手になると、18%が上限になっています。
10万円未満の利用者は、あまりいないのです。
そのため、20%という金利はあえてなくしております。

10万円以上100万円未満の借り入れだと、18%までの金利が認められます。
この金利は、消費者金融の最高金利の主流となっています。
1社から100万円以上を借りる方は少ないので、18%の金利が適用されることが多いわけです。

100万円以上の借り入れになると、15%の金利まで認められます。
100万円を借りて16%の金利はありえません。

借入額が大きくなると低金利になるのは、業者が利益を確保できるからです。
10万円などの少ない利用額なのに低金利で貸し出していれば、業者は利益を確保できないため、金利を高めに設定するわけです。


Comments are closed.